消費者金融での限度額にはどんな決まりがあるの?

消費者金融での限度額には法律の決まりがある!

消費者金融では好きな額だけ借りられるというイメージを持っている人もいるかもしれませんが、実際には法律の規制があって限度額が制限されています。ベーシックな規制となるのが「総量規制」です。これは「お金を借りたい人の年収の3分の1までしかお金を貸すことができない」というものです。年収が900万円ある人なら300万円までの借入しか不可能ということです。この規制によって借金が返せなくなるなどの多重債務問題が起こりにくくなります。もし年収900万円の人が生活費外の出費のために900万円借りられて、それを好きなことに使えるとしたらどうなるでしょうか?本人の生活費も必ず必要になるので、借りたお金を返すのが難しくなってきます。そうしたら不必要な返済不履行が起こりかねません。ですから総量規制によって借り過ぎが防ぎやすくなるので、これは大事な法律です。

限度額についての注意点

では年収の3分の1以内であればお金をマックスまで借入れ出来るんでしょうか?答えはNoです。年収300万円の人が100万円までの限度額を必ず与えられるとは限りません。あくまで総量規制は限度額の最大値を出しているだけで、実際にどれくらいの限度額が適用されるかは消費者金融業者しだいです。年収や職場での勤続年数、これまでの借入と返済の状況などが消費者金融審査されます。100万円を期待しても実際にはそれを下回る限度額になることもあるのです。とはいえその後の利用状況によって消費者金融業者との信頼度が高まれば、「増額」といって限度額が引き上げてもらえることもあります。その引き上げ額しだいで適用金利が安くなることもあるので、返済をしっかり速やかに行うことは将来への投資ともなるので意識しましょう。